携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3. 会社更生手続

(5) 会社更生手続における各種債権

(ホ)株主の地位

  • 会社更生手続における株主の地位について教えてください

  •  
  • 更生手続では、株主はその有する株式をもって更生手続に参加することができます(会社更生法165条1項)。
  • 更生会社が債務超過の状態にないときは、株主は株式1株(または1単元)について1個の議決権を有し(同法166条1項)、その他即時抗告等の手続上の権利も行使することができます。
  • 他方、更生会社が債務超過の状態にあるときは、株主は議決権を有しません(同条2項)。さらに、更生会社が債務超過状態にあることが明らかである場合には、更生手続開始決定の通知も不要とされます(同法43条4項2号)。また、更生計画の認可決定に対しても、原則として即時抗告権を有しません(同法202条2項2号)。これは、債務超過の場合には、株主は会社持分を有していないといえることに基づく制限です。