携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

3. 会社更生手続

(8) 更生計画

(ニ)更生計画案の可決要件

  • 会社更生手続における更生計画案の可決要件について教えてください

  •  
  • 可決の要件は、権利者の種類ごとに異なります。
  • 更生債権者については、議決権総額の2分の1を超える同意が必要です(会社更生法196条5項1号)。
  • 更生担保権者については、更生計画案の内容に応じて、(1)期限猶予を定めるものについては議決権総額の3分の2以上の同意、(2)減免等の権利変更を定めるものについては議決権総額の4分の3以上の同意、(3)更生会社の事業全部の廃止を定めるものついては議決権総額の10分の9以上の同意が必要です(同項2号)。
  • 株主については、議決権総数の過半数の同意が求められます(同項3号)。
  • なお、更生計画案が可決されなかった場合の関係人集会の続行については、更生債権者および株主については議決権総額または総数の3分の1以上、更生担保権者については議決権総額の2分の1を超える同意が必要とされます(同法198条)。